フリーター脱出ブログ

フリーターから正社員を目指す

フリーター向けの就職支援サービス(転職エージェント)まとめ!正社員になる為に

更新日:


就職支援サービス(転職エージェント)とは何か

無料で就職支援を受けられる人材紹介会社のことを転職エージェントと呼びます。

大手だと、リクルートエージェントDODA(デューダ)などがあります。

就職活動が不安ならエージェントを積極的に使うべき

あなたが、就職活動に不慣れなフリーターなら、絶対に転職エージェントを使うべきです。

あなた一人で転職サイトや求人雑誌を使って就職活動するのと、プロと共に就活するのとでは、やりやすさがまるで違うんですよ。

転職エージェントを使えば、書類の添削をしてくれるので、しっかりした履歴書や職務経歴書ができる。非公開求人に応募することもできる。エージェントがあなたを企業に推薦してくれるので、書類選考に通過しやすい。面接対策や、内定獲得後のフォローもしっかりやってくれる。

こんな感じで、メリットがたくさんあるんです。

なので、最低でも一つは転職エージェントを使ったほうがいいです。それで土台を作ったら、転職サイトなどを併用してもいいし、複数のエージェントに登録して、効率的に求人情報を集めるのもいいでしょう。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトは、情報を登録し、自分で求人を検索し、自分で応募していくのが基本。履歴書・職務経歴書のような書類作成や、面接対策は自分でやるもの。

一方、転職エージェントは、実際に転職エージェントのオフィスに行って、担当者と面談し、希望条件などを伝え、求人の紹介、書類の添削、面接対策、面接日程の調整、内定後のフォローなどをやってもらえるサービス。

どちらも無料で使えるのは同じです。

就職支援サービスをどうして無料で使えるのか?

そういう人材紹介会社のビジネスモデルが、「登録者を就職させることができたら、就職先の企業から、就職に成功した人の年収の何%かが報酬として支払われる」というものだから。

別に、慈善事業でやっているわけじゃないんです。そういうビジネスモデルだから、利用者にお金を請求する必要がないってだけ。

就職支援サービス(転職エージェント)を使うメリット

転職サイトを使ってフリーターから正社員を目指すのもいいんですが、書類選考に苦戦する可能性が高いです。だって、フリーターですもの。

その点、転職エージェントを使った場合は、担当者が企業にあなたを推薦してくれるので、転職サイトでやる場合よりも書類選考に通過しやすいです。

僕も実際に転職サイトとエージェントを両方使ってたんですが、エージェントから応募したほうがほうが圧倒的に書類選考を通過しやすかったんですよ。

中には、書類選考なしで面接まで持って行ってくれるエージェントもあるし。

また、担当者に面接の不安を相談したりもできるので、安心感が違います。

しかも、エージェントは複数登録しても問題ないので、「希望の求人がない!」「担当者との相性が合わない!」という場合に備えることも可能。

就職支援サービス(転職エージェント)を使うデメリット

まず、あなたが、「就活は一人でやりたい!」というのなら、転職エージェントは合わないです。だって、担当者としょっちゅう電話したりしますからね。一人で就活するのが好きな人は、転職サイトのほうが合ってます。

あと、前述のとおりのビジネスモデルな為、希望条件云々よりも、年収の高い仕事を積極的に紹介されるという話もあります。

希望条件があるのなら、そこはできるだけ譲らない方があなたの為になるかと。

フリーターはフリーター向けの就職支援サービスを

しかし、大手の転職エージェントを使おうとしても、フリーターだと登録を拒否される場合があるですよ。そんな中でも、「フリーターでも普通に使える転職エージェント」もあるんです。

扱っている求人も、「フリーターでも正社員として雇用する」という意欲を持った企業のものが多いので、フリーターが正社員を目指す際の近道として使えるってわけ。

フリーター向けの就職支援サービス(転職エージェント)

そんなわけで、フリーターでも使える就職支援サービスをいくつか紹介。会社によってサポート体制や内定までの流れが大きく違うので、見てみて下さい。

東京でフリーターからの脱出を目指すなら、まず「ハタラクティブ」

フリーターでもかなり歓迎してくれる転職エージェント。渋谷と立川にしかオフィスがないのが難点。求人も都内が中心。東京で正社員を目指すなら、とりあえず登録しておきたい転職エージェント。

ハタラクティブ

書類選考なしで面接まで行ける「JAIC(ジェイック)」

変わった特徴を持った転職エージェント。JAICでは、「10日間の就活講座」を受けてから、書類選考なしで面接まで進むことができる。就活が不安なフリーターでも安心。もちろん、個別サポートもあり。

東京以外にも複数のオフィスがあるので、就活する時間を十分に確保できるのなら、かなりの味方になるであろう転職エージェント。

ジェイック

東京以外にもオフィスがある大手の「いい就職.com」

フリーターやニートでも正社員を目指せる転職エージェントの大手。個別相談だけではなく、就活ノウハウが学べるセミナーや、ネットによる求人検索機能など、サービスが充実。東京以外にも拠点が数か所あるのが魅力。安定感が抜群。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

フリーター向けの就職支援サービス(転職エージェント)の使い方

まずは、公式サイトから会員登録。すると、エージェントの担当者から電話が掛かってくるなどして、面談(エージェントによっては説明会)の日程を決める。

その後は、実際にエージェントのオフィスに足を運んで、面談したり、説明会に参加したり、早速求人を紹介して貰ったり。

その後は、ひたすら頑張るだけです!

就職活動で大事なのは、断られても落ち込まないこと。数をこなさないと、フリーターからの脱出はできない。そう考えておかないと、精神的にきついですよ。本当に。

アルバイトを続けながら就職活動をするべきか

就職活動は、かなり体力と精神的に疲れるんですよ。でも、内定が貰えるまで、アルバイトは辞めないで下さい。

お金に余裕があるならいいですが、貯金がない場合、すぐに金欠になってリタイアになります。

ホント、就活は、長期化するときは本当に長期化しますから。

早くフリーターから正社員になりたい、内定が貰いたいなら

とにかく、スピーディーに数をこなすこと。気になる求人があったら、積極的に応募して、日程を空けすぎないこと。

それでも、一つ一つ丁寧に対応していくこと。無駄に気張らない方が上手くいくこともあるんですが、気を抜きすぎても内定が貰えないこともあるので、程よいバランスで突っ走って下さい!

番外編:管理人が登録断られた転職エージェント

大手すぎる転職エージェント「リクルートエージェント」

かなり大手の転職エージェント。それ故に、フリーターだと登録を断られるケースも多々ある模様。しかしながら、全国に拠点があり、扱っている求人も多いので、使えるとかなり嬉しいエージェント。フリーターでも使えるケースはある模様。

しかしながら、「正社員から正社員」の転職を考えている人が数多くやってくるので、フリーターは門前払いになる可能性高し。

これもかなりの大手!「DODA(デューダ)」

リクルートエージェントに並ぶ大手の転職エージェント。拠点数もかなり多い。管理人は登録を断られたが、フリーターでも使えたケースもあるようなので、チャレンジしてみる価値はあると思われる。

-就職支援サービス

Copyright© フリーター脱出ブログ , 2017 All Rights Reserved.