フリーターにおすすめの転職エージェントまとめ

更新日:

僕がフリーターから脱出して正社員になる時に大いに役立ったのが「転職エージェント」と呼ばれるものでした。しかも、「フリーター歓迎」と謳っているようなもの。

僕は就活の経験がほとんど無かった為、、転職エージェントを使っていなかったら、ちゃんとした就活すらできなかったんじゃないかと思う今日この頃。

ここでは、そんな転職エージェントについて書いていきます。

フリーターからの脱出には転職エージェントがおすすめ!

そもそも「転職エージェント」とは?

転職エージェントに行けば、職務経歴書や履歴書の添削をしてくれる。面接対策もしてくれる。フリーターでも応募できる求人にはどんなものがあるかを教えてくれる。応募する際の仲介もしてくれる。それらのサービスを無料で受けることができる。

それが「転職エージェント」と呼ばれる人材紹介会社です。

転職エージェントは、民間のハローワークのようなもの。民間企業の為、公的機関であるハローワークよりも対応が丁寧だったような。ある意味、就活や転職で来ている人は「お客さん」ですからね。

どうして転職エージェントは無料で使えるのか

転職エージェントのビジネスモデルが、「登録者を就職させることができたら、就職先の企業から、就職に成功した人の想定年収の何%かの金額が報酬として支払われる(就職者の年収から引かれるわけではない)」というものだから。

そういうビジネスモデルだから、利用者にお金を請求する必要がないということ。転職エージェントにお金を支払うのは、求人を出している会社。要は、仲介手数料のようなものですね。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトは、情報を登録し、自分で求人を検索し、自分で応募していくのが基本。履歴書・職務経歴書のような書類作成や、面接対策は自分でやるもの。

一方、転職エージェントは、実際に転職エージェントのオフィスに行って、担当者と面談しながら転職活動をしていきます。

名前は似ているけど、両者は大きく違うサービス。

大手の転職エージェントはフリーター向けではないのかも

代表的な転職エージェントは、「リクルートエージェント」や「DODA(デューダ)」あたり。しかし、フリーターにはこの辺の転職エージェントはあまりおすすめできません。

アルバイトや派遣の経験しかない生粋のフリーターだった僕は、この二つのエージェントからは登録拒否されたからです。なので、おすすめしないのは、ただのひがみかも。あなたなら登録できるかもしれませんし。

【関連】フリーターがリクルートエージェントとDODAに申し込んだ結果

登録できたとしても、フリーターを採用することを前提としていない会社の求人が集まってそうなので、やっぱりフリーター向けではないような気もしますけど。

フリーターにはフリーター向けの転職エージェントがおすすめ

大手の転職エージェントはダメでも、フリーターでも歓迎してくれる転職エージェントならおすすめできます。フリーターでも普通に登録できるというのもあるし、何より、フリーターでも正社員として採用する意欲のある会社の求人が集まっているから。

「フリーターに用はない!」と思われるくらいなら、フリーターでも歓迎してくれるところに行ったほうが効率的だと思います。フリーターでも歓迎してくれる転職エージェントが持っている求人は、フリーターでも書類選考に通過しやすいし。

転職エージェントの使い方

使い方は簡単。

  1. 公式サイトから登録する
  2. エージェントから連絡が来て面談日程を決める
  3. エージェントのオフィスに足を運んで面談
  4. 希望条件を伝え、求人の紹介を受けたりしながら活動
  5. 求人に応募。書類選考に通過すれば面接
  6. 希望する会社から内定が貰えるまで活動する

登録すれば、後はエージェントと相談しながら活動していくだけ。場合によっては何回もオフィスに足を運ぶことになる、何回も担当者と電話やメールをするのは必須。

活動していく中で、どうしても担当者との相性が合わない場合は、相談して変えてもらったり、別の転職エージェントを使ったりと、対策したほうがいいかも。僕はフルタイムでアルバイトをしていて時間がなかったので、一つしか使いませんでしたけど。

フリーターにおすすめの転職エージェント

渋谷と立川にオフィスがある「ハタラクティブ」

フリーターでもかなり歓迎してくれる転職エージェント。求人も東京都内が中心。オフィスがきれいで、対応もかなり丁寧だった。就活経験のない都内のフリーターでも安心して使える。

【公式】ハタラクティブ

応募先で実習ができる「若者正社員チャレンジ」

20代の若者を対象としている転職エージェント。大手転職エージェントである「DODA(デューダ)」の系列。学校を卒業してから3年以上経過している若者が対象。30過ぎたらNG。

「若者正社員チャレンジ」の面白いところは、今までにガッツリと正社員の経験(1年超)があると、参加条件を満たさないところ。完全に、フリーターやニートが正社員を目指すために作られているような設計。

「若者正社員チャレンジ」では、まず面談をして、企業説明会に行き、気に入った企業で実際に20日間ほどの実習をしてから応募・面接を行う。こんな感じの、かなり特殊な流れ。就職先がどんな感じなのかを知ることができる、珍しいシステム。

実習中は、若者正社員チャレンジが奨励金を出してくれるので、バイトを休んでも大丈夫。しかしながら、東京にしかオフィスがないのが残念なところ。

【公式】経験や経歴を気にしなくてOK!若者正社員チャレンジ事業

書類選考不要!リクルート系列の「就職Shop」

「就職Shop」は、書類選考なしで面接まで持っていってくれる転職エージェント。オフィスも東京以外に複数あるので、東京以外のフリーターでも使いやすい。あのリクルート系列という安心感もある。

【公式】リクルートキャリア【就職Shop】

書類選考なしで面接まで行ける「JAIC(ジェイック)」

変わった特徴を持った転職エージェント。JAICでは、「10日間の就活講座」を受けてから、書類選考なしで面接まで進むことができる。就活が不安なフリーターでも安心。もちろん、個別サポートもあり。

JAICは、東京以外にも複数のオフィスがあるので、東京以外のフリーターは確認を。就活する時間を十分に確保できるのなら、かなりの味方になるであろう転職エージェント。

【公式】フリーター就職・既卒就職なら[JAIC(ジェイック)]説明会申込

東京以外にもオフィスがある大手の「いい就職.com」

転職サイトのような感じがするが、転職エージェントとしての一面も持っている。個別相談だけではなく、就活ノウハウが学べるセミナーや、ネットによる求人検索機能など、サービスが充実。東京以外にもオフィスが数か所ある。

【公式】日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

フリーター歓迎の転職エージェントは複数同時に使ってもいい

転職エージェントは一つだけに登録して使うのもいいし、複数同時に登録して使ってもいい。転職エージェントを使うのは時間が掛かる為、時間に余裕があれば、複数でもオッケー。

エージェントによって持っている求人は違うので、複数使った方が、お目当ての求人を見付けやすくなると思います。複数同時に使うことで、そのエージェントのメリットやデメリット、特徴などが見えてくるし、担当者との相性もわかるはずなので。

フリーター向けの転職エージェントの残念なところ!東京にしかないものが多い

そもそも、フリーターでも歓迎してくれる転職エージェントは数が少ないです。ついでに、東京にしかオフィスをかまえていない転職エージェントが多く、求人も関東圏内のものが多い。なので、東京以外のフリーターが使うのは少し厳しいかも。

大阪や名古屋にオフィスを持っているフリーター歓迎の転職エージェントもあるが、大手の転職エージェントに比べると圧倒的に数が少ないのが残念。

就活は疲れるけど、フリーターから脱出したいなら努力が必要だった

フリーターからの脱出成功までは、意外と時間が掛かる場合も多いので、諦めずに根気強く続けるのが大切かと。僕はかなり頑張って3ヶ月以上かかりました。かなり疲れた。もうやりたくない。

フリーター歓迎の転職エージェントを使ったら、就活経験がなく、アルバイト経験しかない僕でもフリーターから正社員になれましたが、やっぱり大変でした。

心が折れそうになったりもしましたが、「フリーターから脱出しなくては!」という思いが強かったから頑張って来れたような気がします。

【関連】フリーターなりの転職サイトの使い方!就活に使うには

-フリーターから脱出

Copyright© フリーターの人生 , 2017 All Rights Reserved.